《Report》歌詞をつくるワークショップ 3/12 谷中コーツトカフェ 終わりました

心あたたまる時間でした

誰かの心のありようを知ることで、わたしたちはひとりではないと思えるなあと
気休めかもしれないけれど、私には少し安心感が生まれました
優しいひとたちが集まり、じっと誰かのことばを聞いている
とてもやすらぎました
私ががんばって何かを話さなくてもいい場所をみつけてしまったなあと

日々の暮らしの中で感じたちいさなことや、ずっとずっと忘れたくないことを
そっと誰かに聞いてもらう
そういう場はあってもいいんじゃないかと
おこがましいけれど、そんなことを感じた夜でした

新しい方も幾人かいらして
静かな感動が繰り返されました

偶然ですが、植物をテーマにされた方が3名も
美しい言葉の連鎖でした
人の思いをことばを持たない植物や自然に託すと、伝わるものがより色濃く感じれるものだと知りました

2年ぶりに参加してくださったOさん
週3日の勤務になり生活が変わった定年1年目を過ごして、心の変化も大きかったと
1年の自分を振り返り自身の感情を冷静に綴った「定年一年目」、実に良い歌でした

繰り返し参加してくださっているお花が好きなMさん
コロナの影響で売れ残っていることを考えると心が痛むと
無償の愛をくれる花たちをテーマに綴った曲は「循環」というタイトルに

福島のお店のあるインタビューを聞いたことを元に歌詞を綴ってくださったKさん
「今日の意味が与えられるできごとがあり、明日がきょうのように在ると言う確信があるのは
とてもしあわせなことじゃないだろうか」そんな考えから、歌詞が生まれたそうです

湯河原のカフェで偶然チラシを見つけて参加してくださったSさん
世界はこんな状況だけれど、季節は変わらず巡ってくるもの、
春を待つ今の時期の期待や躍動感を歌詞に込めてくださいました

それぞれのまいにちがあって、それぞれの今を生きている
たった4時間、一瞬の時間だけれど、
誰かのストーリーを共有させていただいています


みなさんが放つことばのひとつひとつが愛おしくてたまりません
どれも聞き逃しくはないと思います
メモがとれないので、ほとんどが忘れてしまうのだけれど
でも、感覚はずっと記憶しています



この日はスペシャルなことが!

ヴァイオリンの江藤有希ちゃんが、急遽、演奏のサポートで遊びに来てくださいました。
私と完全即興演奏でしたが、さすがはプロのミュージシャン!
目も合わさず、息遣いとメロディトーンだけで
瞬時の次の音を出していくさまは素晴らしかったです

有希ちゃんのヴァイオリンは時に人の声のよう
だからかな
彼女の伴奏だけで(私はギターを弾かず)歌うと
私は歌により気持ちを込めることができる
楽しかったなー

ワークショップでゲストを招くなど初めてだったけれど
有希ちゃんのおかげでとっても贅沢な会になりました
有希ちゃん、ありがとうー!


誰かの思いを知ることは、こんなにも心を柔らかくしてくれます
やっぱりわたしたちは人間なんですよね

集ってくださったみなさん
コーツトカフェの椿さん
ありがとうございました!

次回は5/14木曜日の開催です。場所は同じく谷中のコーツトカフェにて。ご予約は1ヶ月前の4/14より受付ます。

良きご縁がありますように。



江藤有希さん http://www.yukivn.com/
コーツトカフェ+ショップ http://www.couzt.com/

《report》3/1 歌詞をつくるワークショップ in 三島waltz.終わりました

3/1 歌詞をつくるワークショップ in 三島waltz.

記念すべき通算30回目。
10年以上のご縁があるdilettante cafeのワインギャラリースペースwaltz.の素敵な空間で楽しくやらせていただきました。
うたを通して出会ったばかりの人とつながってゆく、そのことがとてもここちよいなあと思います。
心がざわざわしている、不安が募る
そんな最近だけれど、
こんなふうに静かに心と向き合う時間はいとおしい。

少人数の会なので中止はせず予定通りに開催しました。店内の空気清浄や手洗い・うがいのケアも忘れずに。

三島・沼津・熱海・湯河原
近隣からお集まりいただき、ありがとうございました。
waltz.では3回目でしたがやっぱりよかったです。

・自分に起きた悲しいできごとが、時間が経つことで和らいでいく様子をうたに
・そろそろお別れが近づいている高齢の父へ、感謝のきもちをうたに
・仕事場で見つけた傷を負った野鳥の姿から着想を得たけれど、歌詞は鳥から解き放たれすべてのものがつながっている感覚をうたに
・子供から見えたママとパパとのいつもの日常の風景をうたに
・夫婦の今までとこれからを思いながら言葉を紡いで歌へと
・不安ばかりの世の中だけれど、自分の軸を持って生きてゆくことがいいなあと思う最近の心情をうたに

誰一人として同じ物語はありません。
私たちはそれぞれの軸で日々を生きているのですよね。
感じ方も考え方も同じではなく見える風景も異なります。
だからこそ、こうして集って作品をシェアすることがとても愉快に感じています。

waltz.のマダム優子さんによるクリームブリュレ、すっごく美味しかったです。
空間はdilettanteのシェフ四宮さんこだわりのアンティークな内装
文句なしに気持ちよくやらせていただきました!

このワークショップ
ハードルが高そうとよく言われるのですが、じぶんの中のことばを素直に歌詞に託してみる
だれでもできるワークです。

次回は3/12木、谷中のコーツトカフェにて。
お申し込み受付中です。
——
3月12日(木) 受付18:30〜(歌詞を考える時間を長くとるためになるべく18:30にお越し下さい)
参加料:4000円 (1drink付き)
ご持参していただくもの:筆記用具(紙は要りません)、課題曲を聞ける機器(スマートフォンなど)とイヤフォンやヘッドフォン

見学のみの参加も可能です(2000円/1drinkつき)。
このワークショップでは最後に発表会の時間があります。
作詞はしないけれどワークショップの雰囲気を見てみたい、作品を聞いてみたいという方、ぜひ。

会場:couzt cafe + shop
東京都台東区谷中2-1-11 (根津駅から徒歩8分)
03-5815-4660
ご予約:こちらから(ご住所の入力は不要です)、もしくはお店へお電話ください。

良きご縁がありますように。

《2020/3/12開催》歌詞をつくるワークショップvol.31 _ 谷中

2019/2/12 ご予約をスタートしました。

◉お知らせ
お店の方と相談した結果、予定通り開催させていただきます。
状況の変化により開催が難しいと判断した場合は、またお知らせ致します。

<ご予約済みの方、これからお申し込み予定のみなさまへ>
・店頭に感染予防の消毒用アルコールを設置します。
・店内の換気に気をつけます。
・お店に着きましたらまずうがいと手洗いのご協力をお願いします。
・遠慮なくマスクの着用をしていただいて結構です。
・通常、開催日一週間前を切った後のキャンセルについてはキャンセル料をいただいておりますが、今回はキャンセル料をいただきません。体調で不安な方は遠慮なくお申し出ください。

現在お申し込み受付中です。
いつもと変わりなくそれぞれのうたに寄り添う楽しい夜になりますように。

『歌詞をつくるワークショップvol.31』

2020年3月12日(木) 受付18:30〜/スタート19:00
参加料:4000円 (1drink付き)
定員:10名
導く人:石塚明由子
ご持参していただくもの:筆記用具(紙は要りません)、課題曲を聞ける機器(スマートフォンなど)とイヤフォンやヘッドフォン

会場:couzt cafe + shop
東京都台東区谷中2-1-11 (根津駅から徒歩8分/千駄木駅より徒歩9分)
03-5815-4660
ご予約:2/12より受付スタート。こちらから(ご住所の入力は不要です)、もしくはお店へお電話ください。

散策が楽しい谷中・根津・千駄木エリア。江戸の文化が残る味わい深い町でワークショップを開催します。
この日のために用意したオリジナルの曲に参加者のみなさんがそれぞれに歌詞を作る時間です。心の引き出しをそっと開けて、自分だけの曲を一緒に作りましょう。
課題曲を1週間前にお送りします(mp3音源)。事前にメロディを聞いておくことで、当日のワークがよりスムーズになりますので聞いておいてください。

□歌詞を考える時間を長くとるために、なるべく18:30にお越しください。

□お店の定休日のため、通常営業とは異なりお食事のご用意はありません。
食べ物をご持参していただいても結構です。

□見学のみの参加も可能です(2000円/1drinkつき)。
このワークショップでは最後に発表会の時間があります。
作詞はしないけれど、ワークショップの雰囲気を見てみたい、作品を聞いてみたい、という方がいらしたらぜひいらしてください。

2020年開催予定日
3/12、5/14、7/9、9/10、11/12(すべて奇数月の第2木曜日)
ご予約は各回1ヶ月前より受付いたします。(例:3/12の会は2/12よりご予約スタート)

《Report》歌詞をつくるワークショップ 2020/1/9 谷中

今年最初の会が終わりました

はて、この会はなぜ
こんなにもあたたかい気持ちになるのかしらと考えてみたら

他人に寄り添うこと
他人の気持ちを想像すること
違う人生の有り様を認めること

こんな要素があるのではないかと最近想像しています

私はこの会ではただ歌っているだけでして
歌詞のアドバイスもしていないし(できないし)
素晴らしいコメントはなにひとつ言えてません

ただ場の提供をしているだけなのですが
集う人たちが真摯に作品と向き合ってくださっているので
ポジティブなディスカッションができています
とても深い考察が生まれてゆきます

そしてなんと言っても
コーツトカフェが持つ場のチカラが大きいです
10年を超える歴史のなかで作られてきた良き雰囲気があり、
愉快な人たちが集うお店です

ゴールが見えない、目的があいまいでも
こんなマイナーなワークショップを面白い!
と思ってくださっています
良きご縁をいただいています

自由にやらせていただけている
そのことがより一層、
この集いを面白くさせてくれているのではないかなと

今年もここでの時間を大事にしたいです

以下、レポートです。
—————————————————————-

新しい年の幕開けにふさわしい、エネルギーに満ち溢れた素晴らしい会でした
いつにも増して涙が止まらず、顔がくしゃくしゃになりました

ひとりで抱えてきた思い
亡くなってしまった人への思い
大事な友達との距離、大事な家族との関係

これらのことをことばにすることは、少し勇気がいるとおもいます

敢えて歌詞にしてみる、というチャレンジをしてくださったことで、
私が歌わせていただき、そしてそこに居るみなさんの元へ届いてゆきました

受け止めた人は、またそれぞれの世界に歌を持ち帰ります

コーツトカフェからの帰り道は、きっと小さな興奮があるのではないでしょうか
(私はいつも大興奮しています!)

人にはそれぞれ見えないせかいを持っていますが
それを表現する機会はあまり多くはないと思います

自分が抱える不可解な感情
知らない誰かを主人公に見立てて歌詞に落とし込んでみる
そんなふうにして、かつての私も心の整理をしてきました

そういう体験が少しずつ拡がっているようにおもいます

今年も昨年に引き続き、コーツトカフェにて定期開催させていただきます。
奇数月の第2木曜日です。
次回のコーツトカフェでの会は3/12木曜日夜。
ご予約は1ヶ月前の2/12より受付いたします。
初めての方も大歓迎です。
どうぞよろしくお願いします。

《2020.03.01開催》歌詞をつくるワークショップvol.30 _ 三島waltz.

『歌詞をつくるワークショップvol.30 in 三島 waltz.』

2020年3月1日(日)12:00-17:00
参加料:4,000円 (1ドリンク付)
導く人:石塚明由子
定員:10名
ご持参していただくもの:筆記用具(紙は要りません)、課題曲を聞ける機器(スマートフォンなど)とイヤフォンやヘッドフォン

場所:waltz. wine cafe _gallery
静岡県三島市緑町1-1-3F
ご予約:こちらから(ご住所の入力は不要です)、もしくはワルツ専用携帯 080-3643-3098へお電話ください。

□キャンセルについて
キャンセルは開催日1週間前まで(2/23)承ります。
それ以降(2/24)にキャンセルをされる場合、3000円をお支払いいただきます。
少人数の会のため、何卒ご容赦ください。

今年もwaltz.にて歌詞をつくるワークショップを開きます。
昨年9月の会は暑い夏の日でした。
ワークショップが終わったあと、参加されたみなさまとB1Fのディレッタントカフェにてランチをいただきました。
まるで以前からの友達のように楽しくおしゃべりしたりして。楽しかったです。
ディレッタントカフェとは、言わずとしれた三島を代表するレストラン。
オーナーシェフの四宮さん、ワルツの店主・優子さんとはvice versaのころからのご縁をいただいています。
お料理も空間もおもてなしもほんとうにすばらしい。
どなたにもおすすめしたいお店のひとつです。

TO TOP