《Report》思いを旋律にのせるじかん 終わりました

\ひとまずひとくぎりです! /

4/5のトライアルからはじまったオンラインでの歌詞をつくるワークショップ。
GWは「思いを旋律にのせるじかん」と銘打って、
個別でのワークショップにチャレンジ。

4月からの1ヶ月、たくさんの方々に集っていただきました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
.

終わってみて今思うこと!

歌詞のことだけではなく、
いろんなお話を聞くことを重ねていくうちに、
しょんぼりしていた自分の音楽への思いが
ぐぐぐっと変化しています。

わたしの歌など、なんてちっぽけなものだろう。。
そう卑下していた気持ちが、少し上向きになってきました。
きょうは、ひさしぶりに自分の声やギターの音が
愛しく感じられる。
いま、やさしい気持ちが私のなかに産まれています。

みなさんからいただいたエネルギーを
自分の中に取り込んで、
そして私からまたエネルギーが生まれる

これは、2013年まで活動していた
vice versa(ヴァイスヴァーサ)というバンド名の由来
(直訳は「逆も真なり」だけど、give and takeと意訳をしています)
ともリンクしています。

ああ、私はやっぱり、
エネルギーの交換をしていきたいのだなあと。

歌を通して、おひとりおひとりと接することで
自分の意志を久しぶりに確認することになりました。

次のワークショップは6月のどこかで。
オンラインなのか、リアルな場なのかは、
まだわかりませんが、
またみなさんと愉快なご縁があることを願っています。

◉先日ご参加いただいた方々の投稿を以下にシェアいたします。
(ご本人には了承を得ております)

———————————————————————

▷正直、なんて書いていいのか、わからないんです。
歌詞を考える1時間は、ひたすら自分に向き合って、とにかく苦しくて……。
でも、なんとか仕上げた歌詞を、明由子さんがうたうと、
もう、とにかく涙がとまらなくて。
もちろん、自分でつくったから、リズムもよくないし、
言葉も足りないし、穴ぼこだらけの歌詞なんです。
それでも、涙がとまらない。
明由子さんの歌声とメロディーに感動しているのは、もちろんです。
でも、なんだか、それだけじゃないんです。
いいんだよ、それで。わかってるよ。
って誰かが、ささやいてくれてるような、あったかいものが、
うわーって押し寄せてくるんです。
本当に、うわーって!

ああ、この感じ、なんて書いたらいいのでしょう。
そのあとだって、完成した曲をかけるたびに、
その気持ちがかえってきて、また涙がこぼれて。
いや、ちょっと、忘れられない経験です。これは。(栃木県/ 女性)

———————————————————————

▷【自分の想いが歌詞になり、音色にのる、感動体験】

メロディに、自分の心の声をのせる。
明由子さんは、その歌詞を、アコースティックギターで、
何度も、何度も、マントラのように、聴かせてくれる。
声とギターの音色は”祈り”にも近しい感覚があり
まるで、お手製キールタンのようでした。
私は、途中から、わけもわからず号泣。
『ふみちゃん、これこれ!これだよ〜😭
もう絶対忘れないでね。また引っ込めたらスネるよ』
って言ってる、か細い内なるの声。
これまでビジネスでは、てんで役に立たなかった
感受性の豊かさや、魂が叫ぶ声の強さも、
今なら、唯一無二のギフトだって思えます。
体験が強烈で、言葉にすることが追いつかず
なかなか感想が書けなかったけど
このワークショップ、最高だった。
もはや、読んでも全然意味がわからないと思うけど
自分の中の感受性を取り戻したい人は、
未知なる体験ができると思う。(神奈川県 / 女性)

———————————————————————

▷先日飛び入りで参加したオンラインでの「歌詞をつくるワークショップ」
めちゃくちゃ良かった!
色々と溜まった自分の思いからテーマを絞り込んでいって、
思いを言葉に変えて、それをリズムに乗せて形にして。
自分自身と向き合う時間の大切さや、
それを先生や他の方とシェアし合うことの豊かさったら、
実際に体験してみないとわからないと思う。
なんか自分の人生を見つめ、それが他の方の人生とも交錯するような!?
なんか吐き出せた感があったし、セラピー的な効果もあったのかも!?
(栃木県 / 男性)

「思いを旋律にのせるじかん」のお知らせ

もうすぐ5月
わたしたちのおうち時間もだいぶ長くなってきましたね

ゴールデンウィーク中は、新しい試みをしてみようと思います
これまで多人数での集い=ワークショップとして行ってきましたが、
one to one 、つまりおひとりだけのレクチャーをはじめます

これはレッスンではありません
もちろん歌詞のつくりかたはお話しますが、
いい歌詞や売れる歌詞などをつくるのではなく、
「わたしのうた」をつくるじかんです

わたしとあなた
ふたりきりで、今こころにあることを歌詞にしてみましょう
できた作品は私が歌にしておかえしします
ことばでは表現しきれないストーリーもお聞かせください

「思いを旋律にのせるじかん」

オンライン会議システムのzoomを使用します。
https://zoom.us/

参加費   :3,000円
(新型コロナウイルスで経済的に厳しい方は無料で結構です)
お支払い方法:銀行振込もしくはオンライン決済paypal
所要時間:2時間程度

お申し込みはこちら 
1)お名前
2)お電話番号
3)課題曲の音源を受信できるメールアドレス
4)ご希望の日と時間帯
5)お支払い方法(銀行振込 or オンライン決済Paypal)
6)参加費を払うのは難しい方はコメント添えてください
※ご住所の記載は不要です

ご希望の日にち、時間帯をお知らせください
・4月29日水曜日 13:00〜18:00
・4月30日木曜日 19:00〜22:00
・5月  1日金曜日 10:00〜21:00
・5月  2日土曜日 10:00〜18:00
・5月  3日日曜日 17:00〜19:00
・5月  4日月曜日 10:00〜18:00
・5月  5日火曜日 13:00〜18:00
・5月  6日水曜日 10:00〜18:00

愉快なご縁がありますように!

《Report》第2回 オンライン・歌詞をつくるワークショップ 終わりました

4/23 夜
オンラインで集いましょう!歌詞をつくるワークショップ

はじめましての方々と
あたたかいよるを過ごしました

「いま思うことを
歌詞にしたためるだけで心が軽くなった」

「いままでこんなに深く
歌詞を味わったことなんてなかった」

そんなふうに言っていただけたことが
とても嬉しかったです

思い切ってオンラインをはじめて
よかったなぁ

終わったあとのワインが滲みました

月が変われば課題曲も変わります
5月も愉快なご縁がありますように

《Report》第1回 オンライン・歌詞をつくるワークショップ 終わりました

4月18日土曜日の午後
第1回目と「オンラインで集いましょう!歌詞をつくるワークショップ」

嵐のなかを駆け抜けました。
会が終わる頃、東京は青空に。

感動感激は
リアルな場だろうがオンラインだろうが
何も変わらないことが判明。

ああ、やっぱりみなアーティストだ。
間違いないです。

東京以外には、広島、大阪、栃木よりご参加いただきました。
オンラインだからこそできたこと。

歌詞は「いま」を鋭く映し出します。
いまだからこそ生まれるものがたりを共有することに
私は何よりも尊さを感じています。

他人の心のありようを知ることが
こんなにもあたたかくなれるなんて。

みなさまありがとうございました。 

5/14 歌詞をつくるワークショップin 谷中 中止のお知らせ

5/14に予定していた「歌詞をつくるワークショップin 谷中コーツトカフェ」ですが、
新型コロナウイルス感染防止のため、開催を中止することにいたしました。
コーツトカフェ+ショップでは、2ヶ月に1度の定期開催し、毎回とても満たされた良い時間でした。
ことばでは言い表すことができない、深くあたたかいものを毎回持って帰っていたように思います。

安心してみなが集えるのはいつなのかはわからないけれど、
その日がきたら、またコーツトカフェで楽しいひとときを過ごしましょう。

コーツトカフェ+ショップは、今イレギュラーの営業時間でオープンされています。
電話やLINEでテイクアウト注文も可能ですし、直接お店にいけない方のためにオンラインショップもはじまりました。
ぜひHPをのぞいてみてください。

TO TOP