《Report》歌詞をつくるワークショップ 2019/1/10〜2019/1/12

1/10 新年最初の開催は、良きメンバーが集まってくださいました。
いつものことですが、都会の広いカフェを貸し切ってワークショップをやれるなんてとても贅沢なこと。
お店のみなさま、ありがとうございます!今年一年またお世話になります。

歌詞をつくるときにいちばん大事なことは、なんの(だれの)視点なのか、ということ。
自分の視点はもちろんだけれど、歌の世界はなんだってありなので、それも人それぞれ。
現代美術の展示を見てきた方がそこから感じた「なにか」を歌詞に投影したり、未来の自分から見た自分についてのエールだったり。ひとつとして同じじゃない創作の世界は無限なのです。

大好きな妹さんと過ごしたお正月の風景を描いた方がいました。
8年前に姉を亡くした私には胸に響いてしまったな。
その場でコトバにはできなかったけれど、その方の歌詞を唄いながら姉のことを思い出していました。

次回の谷中コーツトカフェでの開催は、3/14木曜日。19:00〜。
ご予約はいつものとおり1ヶ月前から受付いたしますので2/14〜ですね。
参加料:4000円 (1drink付き)
定員:10名
ご予約:こちらから(ご住所の入力は不要)、もしくはお店へお電話ください。
よろしくお願いします。

✳︎お知らせ。
私のこれまでの歩みを記事にしてくださいました。
ワークショップについても触れてくださっています。
ザ・ナチュラル・シューストア
「日々を歩いてvol.2 ~誰のためでもない、自分自身を言葉に」
http://www.thenaturalshoestore.jp/collection/post-4005/

1/12 宇都宮のアトリエmicさんでのワークショップは2回目。
新しい年の始まり、宇都宮もよく晴れた1日で、夜遅くまで楽しい時間となりました。

午前は子供の部。今回も小学1〜6年のこどもたちが参加してくれました。
テーマを特に決めず、それぞれ自由に好きなおはなしに挑戦してもらいます。
子供の部と大人の部では課題曲も変えていますが、シンプルな曲をみなで歌ったり、体を動かしたり。
こどもは憶えるのが早いので、すぐにメロディが体に入ります。

30分くらいの時間でそれぞれのお話ができました。
「社畜の一生」「しぜんの家に暮らしたい」「空の上の鳥になりたい」「かぞく」など、大人とは全然違う視点でものがたり。こどもはやっぱり面白いです!頭のなかはどうなっているんでしょう。

こどもと言えど、ことばにはとてもこだわりがある。
そのことを私も気を使いながら、1フレーズの音使いを大事に大事に歌いました。
あのこどもたちにまた会いたい、そう思えるほんとうに愉快で良い子たち。みんなありがとう。

午後はおとなの部の開催。11名のみなさまと5時間の長丁場となりました。
・地球が自分の中で起きていることを見ている視点
・スマホのsiriになった視点
・猫にたとえた自分の視点
・認知症のおばあちゃんの視点
・最近、塞ぎ込んでいる妻へのエールのことば
・終戦前に起きた宇都宮大空襲の情景を描いたことば

などなど。

前回同様、みなさんの溢れる想像力とご自身の経験が短い歌詞の中に凝縮されていて、どの作品もぐっときました。

こんな深くて濃い時間をご一緒させていただけて、私はただ楽しいばかり。そして、どうしても涙をこらえきれないことばがあります。みなさんの思いの強さに、心が震えてしまう。
ちかごろはすっかり泣き虫になってしまいました。恥ずかしい。

会の後は持ち寄りパーティーでさらに楽しいひとときを。
その日、宇都宮でワークショップをやってらした簑田さんや廣瀬先生、そして東京からの友人も駆けつけてくださり、みなさんと余韻の時間を共有しました。

アトリエmicさん、参加者のみなさま、ありがとうございましたー。
次回の宇都宮開催は夏ごろを予定しております。

《2019/3/14開催》歌詞をつくるワークショップvol.18

『歌詞をつくるワークショップvol.18 -東京編-』
2019年3月14日(木) 受付18:30〜 /start 19:00
参加料:4000円 (1drink付き)
定員:10名
導く人:石塚明由子
ご持参していただくもの:筆記用具(紙は要りません)、課題曲を聞ける機器(スマートフォンなど)とイヤフォンやヘッドフォン

couzt cafe + shop
東京都台東区谷中2-1-11 (根津駅から徒歩 8分/千駄木駅より徒歩9分)
03-5815-4660
ご予約:2/14より受付スタート。こちらから(ご住所の入力は不要です)、もしくはお店へお電話ください。

散策が楽しい谷中・根津・千駄木エリア。江戸の文化が残る味わい深い町でワークショップを開催します。
この日のために用意したオリジナルの曲に参加者のみなさんがそれぞれに歌詞を作る時間です。心の引き出しをそっと開けて、自分だけの曲を一緒に作りましょう。
課題曲を1週間前にお送りします(mp4形式の音源)。事前にメロディを聞いておくことで、当日のワークがよりスムーズになりますので聞いておいてください。

□この日はお店の定休日のため、通常営業とは異なりお食事のご用意はありません。
食べ物をご持参していただいても結構です。

□キャンセルについて
1週間前まで(3/7 23:59まで)はキャンセルを承ります。
それ以降のキャンセルは、参加料全額を頂戴します(銀行振込でお願いしています)。
少人数のワークショップのため、何卒ご理解くださいますようお願い致します。

□見学のみの参加も可能です(2000円/1drinkつき)。
このワークショップでは最後に発表会の時間があります。
作詞はしないけれど、ワークショップの雰囲気を見てみたい、作品を聞いてみたい、という方がいらしたらぜひいらしてください。

《2019/1/10開催》歌詞をつくるワークショップ_vol.16

ご予約受付中。1/7現在、残り2名様です。

『歌詞をつくるワークショップvol.16 -東京編-』
2019年1月10日(木) 受付18:30〜 /start 19:00
参加料:4000円 (1drink付き)
定員:10名
導く人:石塚明由子
ご持参していただくもの:筆記用具(紙は要りません)、課題曲を聞ける機器(スマートフォンなど)とイヤフォンやヘッドフォン

couzt cafe + shop
東京都台東区谷中2-1-11 (根津駅から徒歩8分/千駄木駅より徒歩9分)
03-5815-4660
ご予約:12/10より受付スタート。こちらから(ご住所の入力は不要です)、もしくはお店へお電話ください。

散策が楽しい谷中・根津・千駄木エリア。江戸の文化が残る味わい深い町でワークショップを開催します。
この日のために用意したオリジナルの曲に参加者のみなさんがそれぞれに歌詞を作る時間です。心の引き出しをそっと開けて、自分だけの曲を一緒に作りましょう。
課題曲を1週間前にお送りします(mp4形式の音源)。事前にメロディを聞いておくことで、当日のワークがよりスムーズになりますので聞いておいてください。

□この日はお店の定休日のため、通常営業とは異なりお食事のご用意はありません。
食べ物をご持参していただいても結構です。

□キャンセルについて
1週間前まで(1/3 23:59まで)はキャンセルを承ります。
それ以降のキャンセルは、参加料全額を頂戴します(銀行振込でお願いしています)。
少人数のワークショップのため、何卒ご理解くださいますようお願い致します。

□見学のみの参加も可能です(2000円/ 1drinkつき)。
このワークショップでは最後に発表会の時間があります。
作詞はしないけれど、ワークショップの雰囲気を見てみたい、作品を聞いてみたい、という方がいらしたらぜひいらしてください。

写真は11月3日山梨cafeくじらぐもライブでのアンコール演奏。
くじらぐもでワークショップを開催したとき、店主ひめさんが作ってくれた歌詞がとてもよくて、それをこの日みなさんと熱唱しました。
歌詞を書いてくださったのはこの日ライブを見てきてくださったシンガーのYUUMIさん。かわいらしく描いてくださいました〜。

《2019/1/12開催》歌詞をつくるワークショップvol.17_宇都宮編


◎お知らせ。(1/7更新)
午前の部は、ご予約の人数が集らなかったため、今回は開催を中止することにいたしました。
残念ですが、新しい流れを作る必要があるのだと思います。
午後の部は、定員に達しました。

宇都宮・アトリエMICさんで2回目の開催です。前回のあの素晴らしいひとときをふたたびみなさんと作りたいと思います。

『歌詞をつくるワークショップvol.17 -宇都宮編-こどもとおとなの教室』
2019年1月12日(土)
午前の部(小学4〜6年生対象):10:00〜 12:30
午後の部(中学生以上のお子様と大人が対象):14:30〜18:00
参加料:午前の部 3,500円 / 午後の部4,000円
導く人:石塚明由子
ご持参していただくもの:筆記用具(紙は要りません)、午後に参加される方は課題曲を聞ける機器(スマートフォンなど)とイヤフォンやヘッドフォン

場所:アトリエMIC (栃木県宇都宮市鶴田町)
個人宅のため、ご予約の方に詳細な場所をお伝えいたします。
駐車場はございますが、お車の方は事前にお知らせください。

ご予約:こちらから(ご住所の入力は不要です)

□キャンセルについて
1週間前まで(1/5 23:59まで)はキャンセルを承ります。
それ以降のキャンセルは、参加料全額を頂戴します(銀行振込でお願いしています)。
少人数のワークショップのため、何卒ご理解くださいますようお願い致します。

《Report》歌詞をつくるワークショップ 2018/11/8

今回の課題曲は3拍子。一見楽しそうに感じるメロディラインだけれど、そこから導きだされた歌詞の世界はそれぞれ異なる方向性でした。


「H.A.T.E」
「プレゼント」
「(それでも)生きてくさ」
「カレーライス」
「はてしないね」
「陽だまりの一日」
「自戒をこめて」
「マイ・ライフ」

なぜそのことばを選んだのか。そこにはちゃんと理由があるのですよね。
最近出会ったすてきな女性のこと、今社会で起きていること、妄想のストーリーなど。
旋律から思い浮かぶみなさんのストーリーはどれもすてきでした。ああ、だれもがアーティストなんだといつも感じます。

創造(クリエイト)することはだれでもできること。

今年、東京ではここ谷中のコーツトカフェにて定期的な開催ができました。
メロディにことばを乗せるワーク、決して簡単なことではないこのワークショップを楽しみに、リピート参加してくださる方も増えてきて、うれしい年になりました。
もともと歌詞をつくることに興味があったわけではなかったけれど、やってみたらこの時間がとても面白いから続けて参加してます、という人が多いようです。
歌詞を作ることをきっかけに、はじめましての人と心の内面のことに触れたり、妄想のはなしをしたり。日々の仕事のことを話したり。
作品を通しての会話なので、そんなに無理ないコミュニケーションタイムになっているような気がします。

このワークショップはまた来年も継続させていただきます。
みなさまのご参加、お待ちしています。

2019年の開催日は、1/10、3/14、5/9、7/11、9/12、11/14
すべて奇数月の第2木曜日。
ご予約は開催日の1ヶ月前から(例:1/10分は12/10より)

TO TOP