2019/11/24 うたの在りか – ましこのうたを巡る、小さなつどいと演奏会 –









『うたの在りか – ましこのうたを巡る、小さなつどいと演奏会 -』
日時:2019年11月24日(日曜日)開場14:30 / スタート15:00

トークセッション:簑田理香(地域編集室 簑田理香事務所)/ 石塚明由子(vo,gt)

ライブ:石塚明由子(vo+gt)

料金 :2,000円
場所 :大貫邸(栃木市嘉右衛門伝統的建造物群保存地区) 栃木市泉町2-29
アクセス:
◉徒歩の場合。新栃木駅(東武日光線)より徒歩13分、栃木駅(JR/東武日光線)より徒歩25分
◉お車の場合。近隣のコインパーキング、もしくは栃木市役所の駐車場(栃木市万町11-14)をご利用下さい
ご予約:こちらから

うたは、どこに在る?
陶芸の里山、益子の風土と人に惹かれて通い、その土地の歌を書き下ろしたシンガーソングライター石塚明由子。
うたは、ずっとずっと前からたしかにそこに在って、その水脈を石塚明由子が見出した。
そっとそっと両の手で清らかな水をすくうように。
すくいあげた水の流れをたどると、もうひとつのうたの在りかが見えてきた。
栃木市、上越市、益子町。
点と点を、縁とうたで繋ぎながら、小さなお話と演奏の時間を皆さまとともに楽しめたらと思います。
ご来場をお待ちしいます。
「ましこのうた」プランニングディレクター 簑田理香 –

益子とのご縁から繋がり、栃木市の大貫邸というふるいふるい空間にて、小さな集いを開きます。
1834年(天保5年)に建てられ、かつては麻問屋を営んでいたというその見世蔵は全国で3番目に古いと言われています。
当時の様子を想像しながら、おはなしと音楽をお楽しみください。

◉各地で猛威をふるった「台風19号」により栃木市も甚大な被害をうけたと伺っております。

わずかではありますが、料金の一部を寄付金としてさせていただきます。


TO TOP