石塚明由子

石塚明由子 Ayuko Ishizuka

ふるいもの、本、器、インドカレー、銭湯が好きなシンガーソングライター/新潟県上越市出身。

姉の影響で幼少のころよりピアノをはじめる。

設計デザイン会社に7年勤務後、歌をはじめる。いくつかのバンドのボーカル経験を経て、2000年よりジャズギタリスト/マツオケンイチとともに「vice versa」(ヴァイスヴァーサ)を結成。ジャズやブラジルミュージックをベースに日本語のポップスを創作するバンドとして活動する。ボーカル、ギター、ベース、パーカッション、キーボード、ドラムの6人編成で都内を中心にライブを行ない、3枚のミニアルバムをリリース。数々のボサノバコンピレーションアルバムにも楽曲を提供。
2006年ころよりバンド編成からマツオケンイチとのデュオ編成へシフト、精力的に各地でのライブツアーを行う。
ライブで「中央線」をカバーしていたことをきっかけに、レーベルLD&Kよりカバーアルバム「くらしのうた」をリリース。「セロリ」「リバーサイドホテル」「風をあつめて」など誰もが知っているJ-POPSをvice versa流に斬新にアレンジし、各方面で好評を得る。その後、2枚のオリジナルアルバムを発表。

2001年3月 1stミニアルバム「vice versa」を発表
2002年3月 初の流通CDとなる2nd.ミニアルバム「ムツラビト」を発表
2004年10月 3rdミニアルバム「海とロマン」を発表
2005年9月 4thミニアルバム(vice versaデュオアルバム)「MOONLIGHT」を発表
2006年7月 カバーアルバム「くらしのうた」(LD&K)を発表
2009年2月 1stアルバム「月とコーヒー」を発表
2011年11月 2ndアルバム「あなたとは縁がある」を発表

2013年3月 vice versaの活動を休止、ソロ活動をスタート。家族の病気や介護をきっかけに自身の音楽をみつめなおす。
フォーキーかつスィンギーなサウンドに、心にそっと寄り添うコトバを乗せて独自のソングライティングを展開。
2015年12月、WATER WATER CAMEL(現在は活動休止)のベーシスト須藤ヒサシとともに制作した1st.ソロアルバム『Hello, my sister』をリリース。日々の美しい情景や身近な人とのさよならを描いた陰影のある7曲を収録。

テレビCMのボーカルを担当(タケダ漢方便秘薬、DHC サプリメント「極らく」、ベルコ)、公立のプラネタリウムの番組のナレーション、高齢者施設でのボランティアコンサートなども行ない、その声の可能性を生かしている。
2013年より「歌詞をつくるワークショップ」を不定期に企画+開催。2018年はさらに精力的に各地で開催予定。

両親の病をきっかけに、2017年春より生まれ育った新潟県上越にて旧い日本家屋を手に入れ、2拠点生活をスタート。
DIYをしながら家作りの基本を学び、都心生活では難しかった自然に寄り添う暮らしをするためのスペースを構築中。
2018年夏より民泊もスタート予定。

石塚明由子

TO TOP