2012.10.4の日記

2012.10.28

以前のホームページより抜粋しています(Thu.10.04.2012の日記より)
夕暮れの時間

病院の廊下の窓から見える東京タワーをながめている
おねえちゃんを見つけたとき

姉がどんな気持ちでいるか
わたしにはわかった気がしました

ただじーっと ながめている
おねえちゃんの背中に
なんと声をかけてよいか 
わたしは一瞬とまどってしまったけれど

すぐに
「ここにいたんだ、今日もきれいだね、東京タワー」
って明るい声を出して話しかけて
おねえちゃんも、いつもの感じで
「そうだね、きれいだね」って
こたえてくれて

病気が再発したと告知されたその日の前日は
もうこの世の終わりのようでした

病気になって
たくさんの苦しいことにもいつも前向きにがんばってきたおねえちゃんが
初めて弱音を言いました

絶えて絶えて絶えてきたのに
また再発ですか・・・

突きつけられた現実が本当の絶望にならないように
わたしはいろんなコトバでお姉ちゃんに話しをしました
どんなコトバを選べば
おねえちゃんが前を向いてくれるか
困惑しながらも必死で話しかけました
おねえちゃんに伝わるように

でも本当はこれからどうしていけばいいのかわからなくて
何もこたえがみつからないままその晩病院を出ました

翌日
おねえちゃんはとても落ち着いているふうに見えました

窓からの外の景色や東京タワーを
あの日、おねえちゃんがどんな気持ちでみつめていたか
わたしは今でもずっとずっと考えています

あの日のおねえちゃんが変わらず私のなかにいます

きょうは10月4日でした
大事な日でした

2012.7.18の日記

2012.7.28

以前のホームページより抜粋しています(Wed.07.18.2012の日記より)

おいしいものが食べたい
きれいなお洋服が着たい
好きな人と話しがいたい
きもちよい暮らしがしたい
生きているって感じたい
好きな仕事がしたい
唄いたい
笑いたい
美しくなりたい
いつまでも若々しくいたい

心に宿る、たくさんの欲望や希望
考えてみたら、わたしの毎日は、いろんな欲ばかり

もし
わたしの肉体が滅びてしまったら
こんな欲望は ぜんぶゼロになるんだよね

梅雨が終わり、ほんとうの夏がきました
東京と変わらない暑さの北陸にて
哀しいお知らせを受け取りました

どうして
なぜ
そんな疑問と一緒に思い出すのは 
笑顔のシーンばかりです

たくさん優しくしていただきました
どの方よりも
わたしは緊張せずにお話ができた人

最後にお別れしたのは1年前の夏
大きなイベントが終ったあと、
私はその方とhugをして「お世話になりました」とお別れをしました
「またお会いしたいです」というきもちを込めて
お別れをしたつもりでした

義理の母のこともそうだったけれど
自分と関わった方がこの世を去ってしまうことは
ほんとうに哀しくて寂しいです

ずっと考えています
明日も
変わらない朝が来るとは限らないってこと

だからこそ
毎日、全力で生き抜かなくてはいけないんだってこと

たくさん優しくしてくださりありがとうございました
ただただ感謝のきもちばかりが溢れています
心よりご冥福をお祈りいたします

2011.9.10の日記

2011.9.28

(Sat.09.10.2011の日記より)
海の見える場所で
短い旅だった

海の見えるその場所で
たくさんの心に触れた3日間だった

無遠慮に話すわたしを 好きな人も嫌いな人もいるだろう
でも、最後まで私は私でいられた

私には すべての人が優しく感じたし
さよならするのがつらかった

あなたが好き
あなたと一緒に笑いたい
あなたの心を知りたい
もっと 近づきたい 

気がつけば、たくさんの人にそう思えるようになっていた

心の壁をとりなさい、と
昔の親友が私によく言っていたけれど
あの頃はできなかったな
自分を放っておいてほしかった20代前半

壁をとって
すなおになって
周りの人を受け入れて
そして自分も受け入れる

そういうことが やっと やっと わかってきた

いしちゃんは笑ったほうがいいよ

繰り返し言ってた かつての親友が愛おしい

近いようで 遠いようで
他人との距離は 夢の距離にも似ている

本当のところはわからない
夢はどこまで近づいているのか
わたしと誰かの距離のこととか
誰かと誰かの距離とか

だから
夢のことも
人とのことも
この手に掴むまで とにかく一歩前に出る
今はそれしかない な

お世話になったすべての人に感謝しています
優しくしてくださり ありがとうございました

また いつか 
また いつか

2011.8.26の日記

2011.8.28

以前のホームページより抜粋しています(Fri.08.26.2011の日記より)

ことばが大事になったり
ことばが邪魔になったり

感情人間のわたしには
時に、ことばが味方にも敵にも

昨夜はことばが味方になってくれた
曖昧なこと
不透明だったこと
それらは
ことばになり
深い闇から私を救ってくれた

優しい涙が流れた
優しい涙を見た

彼の涙も
彼女の涙も

深く意味のある涙だった

ことばなんてなくても通じ合うことってすてき
そう思う反面
やはりことばがないと不安にもなる

愛しい人にはいつも
「あなたは私の大事なひとだから」と
伝えよう

だから
あなたも伝えてほしい

あなたの大事な人へ
「あなたは私の大事なひとだから」と
伝えてあげてほしい

ともだち
こいびと
ふうふ
おやこ

私には大事な人がたくさんいるんだな

2011.2.2の日記

2011.2.28

以前のホームページより抜粋しています(Wed.02.02.2011の日記より)

きもちおばけ

聞こえているでしょうか、わたしの声が
届いているでしょうか、わたしのことばが

心の中でつぶやく 小さな叫び

届けたいけれど
届けてはいけないような気がして
私の胸のなかで くすぶっています

何が正しいのか、と考えたところで、
答えなど出るはずもなく

きもちのままに生きてゆこう、と考えたところで、
果たしてほんとうにそれが希望する道なのか、とも思うわけで

結局のところ
私という人は
死ぬまで、こんなふうに、迷い続けてゆくのでしょうか

心の壁をはがしてしまったら
とめどもなく、流れだしてしまう、泥のような感情を
今は、しっかりとせき止めることでせいいっぱいです

TO TOP