20190907 ましこのうた POETRY of EARTH with haluta オープニングライブ

2019.9.11
























「地域」「人」「食」をキーワードに、未来への種を蒔く。

halutaの新しい店舗「frø(フォイ)」で開催する、初の長期企画。今回の栃木県益子町を中心に、北関東の八溝(やみぞ)山地の里山から、さまざまなジャンルの作り手たちを迎えて「ましこのうた poetry of earth」と題した企画展やイベントを開催します。

開催期間中は「ましこのうたDVD&PHOTOBOOK」の販売と、その世界観〜写真や映像、石塚明由子の歌、自然の声、詩〜から構成する展示を基調に、「ましこのうた」に繋がる作家の作品展示販売やイベント、食の作り手たちのクラフトフードの販売などを行います。皆さまお誘い合わせの上、ぜひお越しください。

■ましこのうた
関東平野と北から連なる山々が出会う陶芸の里山、益子町。大地(earth)から恵みを受け取り、農作物をつくり、焼き物をつくり、土地の風土と向き合いながら生業と暮らしを繋いできたひとびと。その土地の魅力に惹かれて益子に通うシンガー・ソング・ライターの石塚明由子。彼女の、暮らすことと生きることをシンプルだけど心の奥にも染みるような言葉を紡ぐ感性で、ひとつのうた(poetry)が生まれました。その「うた」は大地の上で歩みを始め、土地の編集者と出会い、石塚同様に益子に通うフォトグラファーと出会い、デザイナーと出会い、そして、写真集とショートムービーが生まれて「ましこのうた DVD&PHOTOBOOK」に収められました。
https://mashikonouta.com/

■haluta
長野県上田市、東京、そしてデンマークのコペンハーゲンに拠点を持つ会社です。北欧の引き継ぎ型社会にならい、ヴィンテージをはじめとする家具や雑貨の輸入販売およびリペア・メンテナンス、デンマークの食文化より着想を得たパンの製造・販売、また一級建築事務所として断熱と空調設計を主軸とした住宅や店舗の設計など、暮らしにまつわるさまざまな事業を行っています。
http://www.haluta.jp/


■企画展詳細
会期|9月7日(土)- 9月23日(月/祝) 
月-木 11:00-18:00  金・土・日・月/祝 11:00-20:00 
最終日23日は16:00までとさせていただきます。
会場|frø(フォイ)千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル 101
内容|ライブ、トークセッション、ワークショップ、アート&クラフト展示販売、食品や台所小物などのマーケット


◉展示と販売|八溝里山の風土に育まれた感性と手の仕事を、あなたの暮らしに

▷「ましこのうたDVD&PHOTOBOOK」2500円+税
DVD|シンガー・ソングライター石塚明由子の書き下ろし「益子の歌」「陶芸家の食卓」2曲、益子の自然の中でフィールドレコーディングした鳥や虫の声、登り窯の窯だしの時に器たちが奏でる貫入の音、風土と暮らしを美しい光で捉えた映像で構成する18分のショートムービー。 BOOK|石塚と同じように、土地と人の魅力に惹かれ、都内から10年近く益子に通うフォトグラファー長田朋子の写真集。オールカラー48ページ。
企画制作|地域編集室簑田理香事務所

▷アート&クラフト
出展|成井窯(益子)、古川潤(彫刻家・益子)、高山英樹(木工作家・益子)、星居社(益子)、仁平古家具店/pejite(益子・真岡・東京)
特別出展|高橋恭司(益子出身の写真家)による絵画作品
参考展示|成井窯と高橋恭司による陶芸作品「炎画/ヒビ」シリーズ

▷マーケット
山崎農園のクラフト瓶ジュース(益子)、tomot・広田果樹園のジャム(益子)、ナチュラルフード森の扉の取り扱い自然栽培農産物の加工品(茂木・各地)、cayaの在来種使用の焼き菓子(栃木・茨城)、komichi(益子町)nociw(益子町)のエプロンやキッチンクロス、ほか。

▷古書の販売|「継ぐ」「種」「風土」「工芸」などをテーマに、益子「内町工場」の選書が並びます。


終了しました。
▷9月7日(土)オープニングセッション|ライブとビュッフェスタイルのお食事【満席】
出演|石塚明由子(vo,gt) / イシイタカユキ(gt.) /江藤有希(violin)
食|わたね(栃木県市貝町で有機農園とケータリングを営む倉本祐樹と倉本扶美が担当) 
 
▷9月14日(土)18:00-19:30
  トークセッション 第1部「古道具と暮らす愉しみ」【満席】
  出演|仁平透(仁平古家具店/pejite代表・益子町)
  第2部 対談「日本、デンマーク、古い家に住む暮らし」
  出演|仁平透、徳武睦裕(haluta代表)
  定員|20名 
 
▷9月15日(日)18:00-19:30 【満席】(※台風の影響により9/8から9/15に変更になりました)
  トークセッション「詩を読む、スケッチを読む。益子風景案内」
  案内人|石塚明由子+廣瀬俊介(環境デザイナー)+簑田理香(地域編集室簑田理香事務所)
  定員|20名 ※満席のため、募集は締め切りました。
 
  ▷9月16日(月/祝)
  第1回:11時〜12時40分
  第2回:15時〜16時40分【満席】
  スライドレクチャーとワークショップ「益子の土の話と、益子の土で箸置きづくりワークショップ」
  講師|鈴木稔(陶芸家・益子町)
  定員|6名×2回  
  料金|前日までの予約3200円 当日3500円*材料費込 
  *おひとり6個の箸置きを成形し、後日、講師が焼き上げて完成品を発送します。
 
  ▷9月16日(月/祝)18:00-19:30
  対談「産地と工芸のこれから」
  出演|鈴木稔(陶芸家)、森岡督行(森岡書店)
  定員|20名 
  料金| 前日までの予約1800円 当日2000円 
  
  ▷9月21日(土)18:00-19:30
  スライドレクチャー「未来に繋ぐ、在来野菜と種の話」
  出演|野原典彦(ナチュラルフード森の扉 代表・茂木町)
  おやつ|caya(船串薫・水戸市)の在来野菜や穀類を用いた焼き菓子
  定員|20名 
  料金| 前日までの予約1800円 当日2000円 
 
  ▷9月22日(日)
  第1回:11時00分〜12時30分 
  第2回:13時30分〜15時00分 
  ワークショップ「いのちになじむ養生料理レッスン」
  講師|小鮒ちふみ(国際中医薬膳師、台所養生共室主宰・那珂川町)
  料金|前日までの予約3200円 当日3500円 *材料費込 
  *講師のレクチャーとデモンストレーションを受けながら、halutaの黒パンと旬の野菜の養生料理を参加者でいただきます。
 
  イベントのご予約は
  お申し込み先 メール:fro@haluta.jp  電話:03-5829-5810(11:00-18:00)
  お伝えいただくこと
①ご参加を希望されるイベント名もしくは、開催日 
②お名前 ③同伴者有りの場合は合計人数 ④当日ご連絡がとりやすいメールアドレスまたは携帯番号

  frø(フォイ)の店頭でも承ります。スタッフにお声掛けください。
  参加費のお支払いは、イベント当日に会場にてお受けします。
  9月22日のイベントは食材手配のため、前日・当日でのキャンセルは参加費全額をお支払いただくことをご了承ください。
 
 
お問い合わせ
  企画内容について|地域編集室簑田理香事務所 info@editorialyabucozy.jp
  会場について|frø(フォイ)fro@haluta.jp 
 
 


TO TOP