人生の季節

2018.6.19

きょう、今井美樹さんがラジオで「50才をすぎた自分は人生の季節で言えばもう秋に入っています。夏まっさかりの季節とは違うけれど、とても芳醇な秋を過ごしています」と言っていた。人生の季節ね、なるほど。
私はまだ50才ではないけれど、もう若くはない。気がつけばこの年齢にきてしまった。
でも、感覚的ではいつだって自分の人生は「夏」な感じがする。ギラギラしていて、ワクワクすること楽しいことを探している季節。
若くないからと言って、ちょっとスピードをゆるめよう、とか、無理をしないでおこう、という発想は全然なし。私はいつだって「少しの無理」をしていたい。 負荷がかかることや、背伸びすることがしたい。
今までのやりかたではない新しい方法にチャレンジしたいといつも思っている。 自分の可能性を知るために、経験したことがないことをしてみたい。まだまだ成長していたい、と強く思う。
そのために、私には音楽がある。
子供のときからずっと憧れていた「歌う」ということ。
実は歌うことに怖さを感じている。自分の思うように歌えないからだ。 ライブも怖い。レコーディングも怖い。
でも、だからって歌うことをやめたりはしない。 わたしはたいして上手じゃないし、いい声でもない。魅力的な要素なんて少ないシンガーだと思う。 でも、今よりももっと素敵な歌が歌いたい。素敵な曲を作りたい。
その気持ちを止めたら私が私でなくなってしまう。
最近苦手なレコーディングが立て続けにあったので、なんだかいろんなことを思うな。
私のライブに足を運んでくださる方や私にお仕事をくださる方、私の音楽を聞いてくださる方、みなさんに感謝をしながら日々前進したい。

大阪での地震があり、3.11のことを思い出した。 当たり前の日々が当たり前ではないことにあらためて感謝したい。 これ以上、被害が広がらないことを祈ります。

5月の旅 西予、内子、宇和島、松山

2018.5.31

今年は行きたいところに行く!が我が家のテーマ。
もう若くないんだからね。会いたい人に会う、見たいものや触れたいものに思いっきり心を寄せる。動けるときに動かなくちゃ。
期限切れになるJALのポイントを使うべく、選んだ旅の場所は愛媛でした。愛媛をよく知る友人・あやちゃんに声をかけ、私の夫との3人旅。 になるはずが・・・あやちゃんの大学時代の友人のチヨちゃん(愛媛在住)が登場し、私たちをがっつりアテンドしてくれるという、なんともありがたい4人旅に変更。
チヨちゃんは市の広報課に8年お勤め、つまり広報のプロ。お仕事でいろいろなところに取材に行くそうで、とにかく地域ネタをたくさんお持ちでした。旅が始まる前からすてきな観光パンフレットを作成し、事前にスケジュールを組み立てる綿密さ。チヨちゃんすごすぎで・・感動してしまったなあ!
瀬戸内の美しい風景や、地元のおいしいお店など、朝から夜遅くまで私たちのためにフルに時間を作ってくれました。チヨちゃんがいなかったら、旅はきっと松山だけで終わっていたかも。西予と宇和島。海のある風景は私の知っている日本海の町とはまるで違う、穏やかで鮮やかなブルー。空と海の境目がわからない永遠の青が続く風景が美しかったです。
廃校になった100年超えの小学校の109mの長い廊下を雑巾掛けをする勝負をしたり(これはかなりきつかった・・)、チヨちゃん大推薦の宇和島のイケメン農家さんたちに会いに行ったり。内子にあるそれはそれは素敵なゲストハウスでジャズシンガーの真理子さんと出会ったり(「内子晴れ」というゲストハウス)。みかん農家を営んでいるチヨちゃんのご両親やおばあちゃんに会いに行ったり。松山にいる遠い親戚の方に会えたり。道後温泉本館で神の湯に浸かったり。松山城や秋山兄弟生誕の家にも行ったし。ほんと盛りだくさんの3日間でした。
じゃこ天とみかんジュース、そして鯛めし。これだけは外せない愛媛。松山では秋山兄弟と夏目漱石、正岡子規はマストですね(子規記念館もなかなかよかった)。飛行機で行けばひとっ飛びの四国。今度はライブをしに行かなくちゃ。

・すてきなお宿でした「内子こころ」。別棟でいただいた朝食も超美味。 http://www.uchi-cocoro.com/yado/cocoro/

・店主のだいちゃんがすてきだった「古民家ゲストハウス&バー 内子晴れ」 https://uchikobare.jp/

・内子にある古い芝居小屋。創建100年だそう。「内子座」https://www.town.uchiko.ehime.jp/site/uchikoza/

・雑巾掛けレースに挑戦した「宇和米博物館(旧宇和町小学校)」 https://www.jtb.co.jp/kokunai_guide/area/ehime/tabiness/11894/

・あじづくしの料理がサイコーなお店「寿司 和泉屋」https://r.gnavi.co.jp/8yunv9850000/

iplikanaライブ。ありがとうございました。

2018.4.22



ゆうべのイプリカナさんのアトリエでのライブ。
ヴァイオリンの江藤有希さんと私のオリジナル曲を中心に2ステージ、全14曲を演奏させていただきました。 西荻窪に来るのは初めてというお客様も多かったようですが、足を運んでいただいたみなさまに心から感謝します。

有希ちゃんとのデュオライブは先月のプラネタリウムライブに続き2回目でしたが、まるで何度も一緒に演奏してきたかのような良い錯覚を憶えました。 歌詞やメロディを深く理解してくれて、1曲1曲をとても愛おしそうに演奏してくれる有希ちゃん。そのスピリットから学ぶことがとても多いのです。 有希ちゃんがいろんなジャンルの音楽のお仕事をされているのは、曲に対しての真摯な取り組む姿勢があってこそだと、勝手に想像しています。
歌とギターとヴァイオリン。
私はただギターを弾いて歌いたいように歌っているだけだけれど、ヴァイオリンはそうはいかなくてとても難しい役割を担っています。
弾きすぎると時に歌を邪魔してしまう可能性もあるのだけれど、そこは有希ちゃんのセンスとキャリアで、上手に曲の匂い付けをしてくれていて、曲の背景にある情景を時に美しく、時に荒々しく、時に優しく、七変化に表現していました。
何度も私のライブを見てくださっているお客様も、みなさん「今日はいつもの曲が全然違って聞こえてびっくりしました。とてもよかったです」とおっしゃってくださいました。 やってよかった。

いつかはやってみたいと思っていた有希ちゃんとのふたりライブ。 遠い夢のように思っていたけれど、去年の秋、満を持して有希ちゃんをお誘いし、こんなふうに一緒に演奏できたことは、音楽家としての自信にも繋がったような気がしています。

きのうは、なぜか面白いお客様がたくさんいらして、私も時々突っ込ませていただきました(笑)。 MCの時間が長過ぎやしなかったかと今更気になっていますが、もう時すでに遅しですね。。
お店は小さな正方形。ヴァイオリンは生音で、私のギターと歌には薄くアンプを通しました。音が響いてくれたので、初めての出演でしたがとても気持ちよく演奏ができました。空間の響きはライブの善し悪しに関係しますね。

mcで言い忘れてしまったけれど、お客様にはイプリカナさんの粋な計らいでアイシングクッキーがプレゼントされました。 私もいただきましたが、おいしかったです。かなさん、ありがとうー。

ライブは夕方から始まり、終わった頃にはすっかり夜。 夏のように暑かった空気も帰るころには気持ちのよい塩梅で、商店街をそぞろ歩きがなんとも楽しかったなあ。
ライブ後は、最後まで残ってくれた友人やイプリカナのかなさんや小林さんも一緒に、いつもはできないライブ後の「打ち上げ」を。 素敵な空間のネパールカレーやさん「サジロクローブ」でおつかれさまのカンパイができ、ワイワイやりました。

有希ちゃんと事前に相談してなんとなく合わせた白のシャツ。暑い日に少しは涼しげな気分になれたかな。 またここで演奏できたらいいなと思っています。

1.Small journey
2.春色のワルツ
3.ふたりに堕ちる月の影
4.木蓮の家(新曲!)
5.ピアノ
6.Dream a little dream of me
7.しあわせだなんて言いたくない

1.A Case of you (カバー)
2.エンドロール
3.ほんとうのこと
4.cheek to cheek
5.流れ星(vice versa)
6.夜明けの前に
アンコール) 益子のうた


ヒジノワ 春の蚤の市

2018.4.3



1年ぶりに益子へ。東京から女子3人で行ってきました。 以前2回ライブをさせていただいた「ヒジノワ」という場所での「春の蚤の市」に参加、ヒジノワメンバーのみなさんとともに、楽しい1日を過ごしました。
単なるフリーマーケットとは違うところはさすが益子!陶芸家 鈴木稔さんの試作品をはじめ、風合いの感じられるみなさんのすてきな出品物に私も混ぜていただき、お気に入りの夏服やアジアの雑貨を並べました。事前の準備からなんだか楽しくって、モノを売るってこういう気持ちなんだなあと、まるでお店やさんごっこのような気分でした。 接客をして売るというシーンは意外になくて、みなさん「これ買います」と割とすんなりご購入。ありがたき状況でした。
会いたい方々に会えたり(わざわざ来てくださったみなさまに感謝いたします)、生音ライブもやらせていただたり(たくさんの投げ銭をありがとうございます)、途中抜け出して益子の陶芸家さんの個展を見に行ったり、スターネットでおいしいランチをいただいたり。 わずか半日の益子滞在だったけれどとても楽しかったです。
1年前に作った「益子のうた」を益子のみなさんに聞いていただけてよかった。できれば次はバンドバージョンで聞いていただきたいな。
自分が動けば風が動きますね。 面倒くさがったり、臆病になってじーっとしていると、新しい風はちっとも吹いてくれない。きのうはそのことを再確認できました。 今年は3年に一度の「土際(ひじさい」開催の年。 秋にはまた益子へ訪れることができそうです。
ヒジノワの井上あやさん、鈴木稔さん、簑田さん、こみちさん、cafeのはあもにいさん、その他のみなさま、お世話になりました!









4/1 益子:ヒジノワ 「春の蚤の市」と生音ライブのお知らせ

2018.3.26


東京では桜が満開。昨日は千鳥ヶ淵にお花見に行ってきました。
お天気も良く、春のお散歩はとてもきもちよかったです。 九段下から丸の内まで歩いたら12,000歩。なかなかです。その後のビールは沁みました。

お知らせです。
栃木県の益子で生音ライブをやらせていただきます。
益子は陶芸の里で、春と秋の陶器市ではたくさんの人が訪れる関東エリアでは有名な地域です。
益子駅にほどちかいところに「ヒジノワ」という旧い建物を利用したカフェがあり、その佇まいがとても良いです。
今週末、そのヒジノワで春の蚤の市が開かれ、私も自宅に眠っている古着やアジアの器などを持参し参加させていただき、ライブもやらせていただくことになりました。
益子の作家さんなど、すてきな方々が出品されるようで、とても楽しみです。 週末はぜひ益子へどうぞ。

ヒジノワ春の蚤の市
3月31日(土)〜4月1日(日)両日11:00〜17:00

石塚明由子 生音ライブ
4月1日(日)13:00〜入場無料ですが投げ銭をお願いいたします。
ヒジノワ http://hijinowa.net/
栃木県芳賀郡益子町益子1665
tel 0285-81-7380 ※営業時間内

TO TOP