西日本の大雨被害

2018.7.17

西日本全域の大雨災害。まさかこんなことになるなんて。。。
ニュースを見るたびに心が痛みます。わずか2ヶ月前に訪れた愛媛の地も災害に見舞われ、あの美しい風景が壊れてしまいました。とても悲しいです。
ボランティアには行くことができないので、せめて寄付金で支援したいと思い、ふるさとチョイスのサイトを利用しました。
https://www.furusato-tax.jp/saigai/detail/401

わたしはありがたいことに、これまで断水の経験がありません。水が使えないことの過酷さをまだ知らないです。
被害にあわれた方々のことを考えながら、最近はいつも以上に水のありがたさを感じています。 当たり前だけれど、水は無限ではないんですよね。
1日も早い復旧を祈るばかりです。

TVCM 家族の甘酒

2018.7.15

テレビコマーシャル「家族の甘酒」の音楽を担当させていただきました。
米麹の甘酒はもともと大好きで、このお話をいただいたときはとてもうれしかったです。
かわいらしいダンスは何度見ても微笑んでしまいます〜。


上越の家

2018.6.28

東京と新潟(上越市)の2拠点生活もいつのまにか1年が過ぎていました。
去年のいまごろは、家の大規模リフォーム工事が絶賛作業中。床や天井、水回りが帰るたびにどんどんきれいになっていくのが嬉しかったです。大工さんってすごいなあといつも感動の連続でした。
早くちゃんと暮らしを整えたかったから、去年はけっこう気持ちも焦っていた記憶が。2週間に1度の帰省中はどこにも行かず汗を流してひたすら塗装作業の繰り返し。懐かしいなあ。自分の手を動かすことってすごくいいこと。がんばればがんばっただけ成果が見えるから満足感もあるし、作業中のあの無心な感じが脳にもすごくいい気がする。お金も時間もたくさん使ってしまったけれど、これはなかなか良い経験をさせてもらっているなあと思いました。
暮らし周りは一通り落ち着いて、ちゃんと生活もできるようになっているけれど、あいかわからず家具は全然ないし、棚もないし、椅子もソファもテーブルも足りないし。やるべきことはたんまりと残っていますが、今年に入ってからは夫も私もなんだか忙しくなり、頻度高く帰省ができず新潟での暮らしは月1回の数日間だけ。まあそれはそれで仕方ないかなと。

春夏は草木がぐんぐん伸びる季節。帰省のたびに雑草がものすごいことになっています。
100坪あるお庭には、前の持ち主の方が育てていたたくさんの樹木はそのままに。 桜や椿、木蓮や柚子、寒い冬を幾度も超えてきた強くてたくましい木々が、今年もきれいに花を咲かせてくれました。 今週末、1ヶ月ぶりに帰ります。緑の森はどうなっているのかしら。。少しこわいです。。

人生の季節

2018.6.19

きょう、今井美樹さんがラジオで「50才をすぎた自分は人生の季節で言えばもう秋に入っています。夏まっさかりの季節とは違うけれど、とても芳醇な秋を過ごしています」と言っていた。人生の季節ね、なるほど。
私はまだ50才ではないけれど、もう若くはない。気がつけばこの年齢にきてしまった。
でも、感覚的ではいつだって自分の人生は「夏」な感じがする。ギラギラしていて、ワクワクすること楽しいことを探している季節。
若くないからと言って、ちょっとスピードをゆるめよう、とか、無理をしないでおこう、という発想は全然なし。私はいつだって「少しの無理」をしていたい。 負荷がかかることや、背伸びすることがしたい。
今までのやりかたではない新しい方法にチャレンジしたいといつも思っている。 自分の可能性を知るために、経験したことがないことをしてみたい。まだまだ成長していたい、と強く思う。
そのために、私には音楽がある。
子供のときからずっと憧れていた「歌う」ということ。
実は歌うことに怖さを感じている。自分の思うように歌えないからだ。 ライブも怖い。レコーディングも怖い。
でも、だからって歌うことをやめたりはしない。 わたしはたいして上手じゃないし、いい声でもない。魅力的な要素なんて少ないシンガーだと思う。 でも、今よりももっと素敵な歌が歌いたい。素敵な曲を作りたい。
その気持ちを止めたら私が私でなくなってしまう。
最近苦手なレコーディングが立て続けにあったので、なんだかいろんなことを思うな。
私のライブに足を運んでくださる方や私にお仕事をくださる方、私の音楽を聞いてくださる方、みなさんに感謝をしながら日々前進したい。

大阪での地震があり、3.11のことを思い出した。 当たり前の日々が当たり前ではないことにあらためて感謝したい。 これ以上、被害が広がらないことを祈ります。

5月の旅 西予、内子、宇和島、松山

2018.5.31

今年は行きたいところに行く!が我が家のテーマ。
もう若くないんだからね。会いたい人に会う、見たいものや触れたいものに思いっきり心を寄せる。動けるときに動かなくちゃ。
期限切れになるJALのポイントを使うべく、選んだ旅の場所は愛媛でした。愛媛をよく知る友人・あやちゃんに声をかけ、私の夫との3人旅。 になるはずが・・・あやちゃんの大学時代の友人のチヨちゃん(愛媛在住)が登場し、私たちをがっつりアテンドしてくれるという、なんともありがたい4人旅に変更。
チヨちゃんは市の広報課に8年お勤め、つまり広報のプロ。お仕事でいろいろなところに取材に行くそうで、とにかく地域ネタをたくさんお持ちでした。旅が始まる前からすてきな観光パンフレットを作成し、事前にスケジュールを組み立てる綿密さ。チヨちゃんすごすぎで・・感動してしまったなあ!
瀬戸内の美しい風景や、地元のおいしいお店など、朝から夜遅くまで私たちのためにフルに時間を作ってくれました。チヨちゃんがいなかったら、旅はきっと松山だけで終わっていたかも。西予と宇和島。海のある風景は私の知っている日本海の町とはまるで違う、穏やかで鮮やかなブルー。空と海の境目がわからない永遠の青が続く風景が美しかったです。
廃校になった100年超えの小学校の109mの長い廊下を雑巾掛けをする勝負をしたり(これはかなりきつかった・・)、チヨちゃん大推薦の宇和島のイケメン農家さんたちに会いに行ったり。内子にあるそれはそれは素敵なゲストハウスでジャズシンガーの真理子さんと出会ったり(「内子晴れ」というゲストハウス)。みかん農家を営んでいるチヨちゃんのご両親やおばあちゃんに会いに行ったり。松山にいる遠い親戚の方に会えたり。道後温泉本館で神の湯に浸かったり。松山城や秋山兄弟生誕の家にも行ったし。ほんと盛りだくさんの3日間でした。
じゃこ天とみかんジュース、そして鯛めし。これだけは外せない愛媛。松山では秋山兄弟と夏目漱石、正岡子規はマストですね(子規記念館もなかなかよかった)。飛行機で行けばひとっ飛びの四国。今度はライブをしに行かなくちゃ。

・すてきなお宿でした「内子こころ」。別棟でいただいた朝食も超美味。 http://www.uchi-cocoro.com/yado/cocoro/

・店主のだいちゃんがすてきだった「古民家ゲストハウス&バー 内子晴れ」 https://uchikobare.jp/

・内子にある古い芝居小屋。創建100年だそう。「内子座」https://www.town.uchiko.ehime.jp/site/uchikoza/

・雑巾掛けレースに挑戦した「宇和米博物館(旧宇和町小学校)」 https://www.jtb.co.jp/kokunai_guide/area/ehime/tabiness/11894/

・あじづくしの料理がサイコーなお店「寿司 和泉屋」https://r.gnavi.co.jp/8yunv9850000/

TO TOP